先日のイベントでいただいた『オルタナ』
書店で見かけたことがなかったのですが、1年間はフリーペーパとして発行していて、最近、全国の書店で販売が開始されたとのことです。

 

オルタナの方と名刺交換した際、つい「硬くて難しそうですね・・・」なんて読んだこともないのに言ってしまったのですが、全然違っていました。
「女性や学生の方にも読んでいただいていますよという言葉通り、バラエティあるテーマで、様々な角度から環境のことを書いています。また、国内外の企業やNPO、社会問題から、コスメやレストランまで、多くの情報が国内外のジャーナリストによって書かれていて、(これがフリーだったとは信じられないですが)興味深くじっくり読んでしまいました。
オルタナの宣言の中に、アメリカの某企業の創業者の言葉で、
企業は株主のものではない。経営者や社員のものでもない。地球のものである。地球や資源がなければどんなビジネスも成立しない。

とありました。エコやロハスブームもあり、私も色々なイベントへ行ったり活動をされている方と話しましたが、真剣な方がいる一方で中にはイメージのためとか、表面上だけ、というのも多いですよね・・・。今後、このような姿勢で地球の問題に取り組む企業が増えてくれれば、大きく変わっていくのではないかと思います。

エコやロハスブーム。嬉しいようで、複雑な気分になることも多いのですが、久々に読んでよかったなーと思う雑誌でした。是非書店で見かけたら、女性のみなさんにも手にとっていただきたいです。